Sony

ニュース

中国がアジア16カ国の最大の貿易パートナーに、上位に日本や韓国―中国メディア

  • 2018年 01月13日 05時50分
  • 提供元:Record China
中国商務部が11日に明らかにしたところによると、中国は今やアジア16カ国にとっての最大の貿易パートナーであり、アジアの周辺諸国との経済貿易における融合関係が大いに深まったという。

写真拡大

中国商務部が11日に明らかにしたところによると、中国は今やアジア16カ国にとっての最大の貿易パートナーであり、アジアの周辺諸国との経済貿易における融合関係が大いに深まったという。

中国商務部が11日に明らかにしたところによると、中国は今やアジア16カ国にとっての最大の貿易パートナーであり、アジアの周辺諸国との経済貿易における融合関係が大いに深まったという。中国新聞社が伝えた。



同部のまとめたデータによると、2017年1〜11月には中国とアジア25カ国との貿易額が1兆1700億ドル(1ドルは約111.2円)に達し、同期の中国の対外貿易額の約3分の1を占めた。日本、韓国、ベトナム、マレーシアが中国の10大貿易パートナー入りした。



投資をみると、アジア25カ国の実行ベース対中投資は107億7000万ドルで、同期に中国の外資導入額の9%を占めた。シンガポール、韓国、日本が中国の10大投資元国に入った。中国のアジア25カ国への直接投資は106億7000万ドルに上り、同期の中国の対外投資の10%を占めた。



対外請負工事をみると、中国企業がアジア25カ国で新たに契約を結んだ請負工事の契約額は838億4000万ドルで同期の対外請負工事契約額の40%を占め、営業収入は447億9000万ドルで同期の対外請負工事営業収入の33%を占めた。パキスタン、マレーシア、インドネシア、バングラデシュ、ラオスが中国の主要な対外請負工事市場だった。(提供/人民網日本語版・編集/KS)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

米大統領選ロシア介入疑惑で司法長官に事情聴取

【AFP=時事】米国のジェフ・セッションズ(Jeff Sessions)司法長官は先週、昨年の大統領選でドナルド・トランプ(Donald Trump)現大統領の陣営がロシアと共謀していたとの疑惑をめぐり、捜査員らから数時間にわたって事情聴取を受けた...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画