Sony

ニュース

鈴木氏「ありがとう」両親と家族に感謝/引退試合1

  • 2018年 01月13日 21時13分
  • 提供元:日刊スポーツ
サポーターの声援に応える鈴木氏(撮影・足立雅史)

写真拡大

サポーターの声援に応える鈴木氏(撮影・足立雅史)

<鈴木隆行引退試合:SUZUKI FRIENDS7-6MITO SELECTIONS>◇13日◇ケーズデンキスタジアム

 元日本代表で、02年W杯日韓大会1次リーグのベルギー戦でゴールも決めた、FW鈴木隆行氏(41)が地元の茨城・水戸で引退試合に臨み、豪華メンバーが集結した。
 前後半でチームを入れ替わって計90分プレーした鈴木氏は、後半ロスタイムの決勝PK含め、最多の計5得点で堂々の主役を演じきった。
 試合後のセレモニーでは涙ながらにあいさつした。スポンサーや参加者、引退試合開催に尽力してもらった古巣水戸のクラブスタッフらに丁寧に何度も何度もお礼を言った。そしてまず、両親に対し「僕を小さいころからずっと支えてくれた、勉強を1回もしろって言わずに、ずっとサッカーだけをさせてくれた両親、本当にありがとうございます」と言った。
 そして、子どもたちと観戦に訪れた妻でモデルの橋本優子に向け「優子のママ、そして優子」と切り出し、子どもたちの名前も挙げて呼び掛け「お前たちがいてくれるから、俺は生きていけます。本当にありがとう」と言うとまた、言葉につまって涙した。

関連ニュース

関連写真

【現地発】大型CF獲得はチェルシーにとって...別ウィンドウで開きます

アンディ・キャロル、ピーター・クラウチ、エディン・ゼコ。いずれも、この1月の移籍市場が後半に差し掛かるあたりから、立て続けにチェルシーの獲得候補として報道されたストライカーたちの名前だ。  その名前を...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画