Sony

ニュース

戸塚優斗が3位…スノボW杯男子ハーフパイプ

  • 2018年 01月14日 19時53分
  • 提供元:読売新聞
 スノーボードのワールドカップ(W杯)は13日、米コロラド州スノーマスで男女ハーフパイプの決勝が行われ、男子は16歳の戸塚優斗(チームヨネックス)が94・50点で3位に入った。
 安藤南位登ないと(尾瀬ク)は7位。ショーン・ホワイト(米)が満点の100・00点で今季初勝利となる通算6勝目を挙げた。女子は大江光(バートン)が5位、今井胡桃(同)が7位、松本遥奈(クルーズ)が8位。フリースタイルスキーW杯の男子スロープスタイル決勝では、山本泰成たいせい(尾瀬ク)が8位となった。

関連ニュース

関連写真

高梨沙羅4位…W杯54勝目持ち越し、伊藤5位

ノルディックスキー・ワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会個人第7戦(19日・山形クラレ蔵王シャンツェ=HS102メートル、K点95メートル)――平昌(ピョンチャン)五輪代表の高梨沙羅(クラレ)が93メートル50、93メートルを飛び、合計21...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画