Sony

ニュース

岡崎不発も果敢なプレス チェルシーとドロー

  • 2018年 01月14日 08時52分
  • 提供元:日刊スポーツ
競り合うレスターFW岡崎(撮影・PIKO)

写真拡大

競り合うレスターFW岡崎(撮影・PIKO)

<プレミアリーグ:チェルシー0-0レスター>◇13日◇ロンドン

 FW岡崎慎司が所属するレスターはアウェーでチェルシーと0-0で引き分けた。
 岡崎はトップ下で2試合連続の先発。前半8分にペナルティーエリア左奥からの折り返しに飛び込んで右足を合わせたが、ボールは惜しくもクロスバーを越えるなど不発に終わった。しかし、対峙した相手ボランチで元チームメートのMFカンテに対しては互角以上の出来で、ファウルを強いてFK2本を奪うなど、果敢なプレスで積極的に相手を封じていたレスターの一員としてやるべきことをやっていた。後半28分に退いたが、これは同23分にDFチルウェルが2枚目のイエローカードで退場となったためで、元日の前節に続くリーグ戦フル出場も可能な出来だった。
 チームは昨季リーグ王者相手にチャンスの数と質で上回っただけにやや悔いの残る引き分けとなった。
 レスターは8勝7分け8敗の勝ち点31で8位。(山中忍通信員)

関連ニュース

関連写真

川淵三郎氏、カヌー連盟に「幼稚園レベルです...

日本サッカー協会(JFA)最高顧問の川淵三郎氏(81)が18日、都内で行われた「シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード授賞式」に出席した。  川淵氏は「JFAこころのプロジェクト」と称して、さまざまな競技の現役選手やOB、OGらが学校へ出...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画