Sony

ニュース

尖閣航行の中国潜水艦、巡航ミサイル搭載可能

  • 2018年 01月14日 12時17分
  • 提供元:読売新聞
 日本政府が、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域内を11日に航行した中国海軍の潜水艦について、原子力潜水艦「シャン型」と断定したことが分かった。
 複数の政府関係者が明らかにした。
 中国の原潜を巡っては2004年11月、「ハン型」原潜が沖縄県の多良間島周辺の日本領海に侵入して潜航したことが確認されたが、尖閣諸島周辺の接続水域では初めて。
 政府関係者によると、「商型」は「漢型」の後継として開発された攻撃型原潜。核を積んだ弾道ミサイル(SLBM)は搭載できないものの、巡航ミサイルの搭載は可能だという。政府は、潜航能力や静粛性などを詳細に分析すると同時に、尖閣諸島周辺などでの警戒監視を強める方針だ。

関連ニュース

関連写真

60〜64歳就業、20年に67%…高齢大綱案

政府は17日、中長期的な高齢者施策の指針となる政府の「高齢社会対策大綱」案を自民党の会合で提示した。  働く意欲のある高齢者の就労を促すため、公的年金の受給開始時期について70歳超も選択可能とする制度の検討を盛り込んだ。60〜64歳の就業率を20...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画