Sony

ニュース

7割超が「自転車保険への加入義務化知らない」 4月から条例施行の埼玉県で

  • 2018年 01月25日 17時36分
  • 提供元:OVO[オーヴォ]
自転車に乗った男の子が、女性に後ろからぶつかってしまったイラスト(いらすとや)

写真拡大

自転車に乗った男の子が、女性に後ろからぶつかってしまったイラスト(いらすとや)


 小さな子どもからお年寄りまで、誰もが運転することができる自転車だが、その手軽さと危険な事故は表裏一体。子どもが死亡事故の加害者になってしまうこともある。埼玉県では、自転車事故による高額賠償請求事例が近年全国で発生していることなど、自転車の事故に対する社会的な責任の重みが増してきている状況を踏まえ、自転車利用者の自転車損害保険への加入義務化などを定めた改正条例案を、4月1日から施行する。(株)共同通信社では、自転車保険そのものがどれぐらい認知されているのか、埼玉県民を対象にアンケートを行った。


 アンケートはインターネットを通じて行い、10~60代の男女522人から回答を得た。まず、自転車を利用する頻度を聞くと、「週に1日~毎日」使う人の合計が47.3%で、そのうち「週に4~6日」使う人が14.9%で最も多かった。「月に1日より低い頻度/使用しない」と、ほぼ使用しない人も全体の4割超いた。


 「埼玉県では『埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例』が改正され、平成30年4月1日から、自転車の利用者は自転車保険に加入することが義務化されることを知っていますか?」という問いに対しては、71.5%が「知らない」と答えた。「自転車を毎日利用する」と答えた人でも66.7%が「知らない」と回答。利用頻度別に見ても、頻度の高低にかかわらず6~7割が「知らない」と答えており、条例改正そのものの周知が進んでいないことが伺える。 【写真1】


 また、「自転車事故による損害を補償する保険に入っていますか?」という問いに対しては、「入っている」24.3%、「入っていない」59.4%、「分からない」16.3%。月に1回以上自転車を利用する人でも、何らかの自転車保険に加入している人は32.2%にとどまった。【写真2】


 自転車の利用頻度にかかわらず、自分が自転車保険に入っているか入っていないか「分からない」人が10~18%いるのも目に付く。埼玉県のホームページでは、主な自転車保険の紹介と合わせ、自転車保険への加入状況をチェックするフローチャートも公開している。同ホームページによると、自転車保険への加入は、兵庫県、大阪府、滋賀県、鹿児島県の4府県ですでに義務化されているといい、今後、さらに増えていくことも予想される。


 アンケートでは、自転車保険に入ること自体については、「とても必要だと思う」(25.3%)・「必要だと思う」(42.3%)を合わせて7割弱(67.6%)が「必要だと思う」と答えており、スムーズな加入のために、自治体からも周知のためのプッシュがもう少し必要なようだ。


【関連記事】

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画