Sony

ニュース

木造で70階、350mのビル構想…住友林業

  • 2018年 02月12日 18時35分
  • 提供元:読売新聞
 住友林業は、創業から350年を迎える2041年に木造で高さ350メートル(70階建て)の高層ビルを建てる構想を発表した。
 一般の木造注文住宅約8000棟分にあたる木材を使うもので、国産木材の活用で林業の活性化につなげる。
 建設場所などは未定だ。耐震性を高めるため一部の部材には鋼材を使うが全体の9割を木材とする。延べ床面積は45万5000平方メートルに上り、オフィスや店舗、ホテル、住宅が入る想定だ。総工費は約6000億円と試算している。
 木材の耐火性能の向上など多くの課題があるが、実現すれば現在日本で一番高い大阪の「あべのハルカス」(約300メートル)を上回る高さとなる。

関連ニュース

関連写真

新型新幹線「N700S」公開…空気抵抗抑える

JR東海は17日、2020年度にデビューする東海道新幹線の新型車両「N700S」の試験車を愛知県豊川市の工場から搬出する様子を報道陣に公開した。  車両は浜松市内の工場で連結された後、3月20日から走行テストを開始する。  新型車両は、現在の最新...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画