Sony

ニュース

羽生「自信ある」…4回転ループは言及避ける

  • 2018年 02月13日 23時43分
  • 提供元:読売新聞
公式練習後、記者会見で意気込みを語る羽生結弦選手(13日、韓国・江陵で)=武藤要撮影

写真拡大

公式練習後、記者会見で意気込みを語る羽生結弦選手(13日、韓国・江陵で)=武藤要撮影

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が13日、試合会場の江陵アイスアリーナでの練習後に記者会見し、男子で66年ぶりとなる五輪連覇に向けて「クリーン(ミスなくきれい)に滑れば絶対に勝てるという自信はある」と語った。
 昨年11月に右足首を負傷した羽生は、その後の経過を明らかにした。直後は右足首を動かせず約2か月も滑れなかった。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳び始めたのが約3週間前で4回転は約2週間前に練習再開したばかりという。
 急速に復調している模様で、13日はトウループとサルコーの4回転2種類を跳んだ。試合本番で4回転ループを跳ぶか問われ「あんまり言うことはない」と言及を避け、「たくさんの選択肢があるし、調子を上げていく中で決めたい」と語った。

関連ニュース

関連写真

4回転ループ成功率「ジャンケン勝負程度」宇野

冒頭の4回転ループで宇野が転倒した。  最終滑走で、他選手の得点を頭に入れており、完璧に滑れば勝てると考えていたが、いきなり金メダルは遠のいた。しかし、失敗するのも覚悟の上だったから、その後、立て直せた。ミスを悔しがるでも焦るでもなく、「笑いまし...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画