Sony

ニュース

【福岡】創業以来、煮込み続ける“呼び戻しスープ”「久留米 大砲ラーメン 本店」

  • 2018年 02月13日 20時37分
  • 提供元:東京ウォーカー
「昔ラーメン」(並650円)。豚脂の揚げ玉「カリカリ」などを入れ、創業当時の屋台の味を再現

写真拡大

「昔ラーメン」(並650円)。豚脂の揚げ玉「カリカリ」などを入れ、創業当時の屋台の味を再現


豚骨ラーメン発祥の地、久留米のなかでも横綱閣の「久留米 大砲ラーメン 本店」(久留米市通外町)。1953(昭和28)年の創業より半世紀以上、一度も釜を空にすることなく煮込み続ける“呼び戻しスープ”で有名だ。


【写真を見る】呼び戻しスープ作りは、その日の豚骨の状態や気温、湿度などに左右されるため熟練の技を要する


豚骨を継ぎ足しながら炊くスープは、濃度の異なる複数の味をブレンドすることで、骨の髄から染み出る旨味が幾重にも重なり、奥深いコクが出る。


ラーメンには、食感と風味が程よいアクセントになる豚脂の揚げ玉、通称「カリカリ」という久留米の伝統的な具材が入る。また、ふんわりと仕上げたタケノコや、有明海が近いことに由来するノリをのせるのも特徴だ。


麺は、自社製麺所「大砲 麺工房」で作る中細ストレート。低加水麺なのでスープとより馴染みやすい。メニューの2本柱である「ラーメン」(並600円)と、カリカリをのせた「昔ラーメン」(並650円)を、一度に味わえる「食べくらべセット」(800円)も用意。その他、久留米の本店のみで味わえる「厚切り炙りチャーシューメン」(800円)にも注目だ。


店内は、L字のカウンターと小上がり席。カウンター越しに、大きな羽釜でスープを煮込むようすも見ることができる。


[久留米 大砲ラーメン]福岡県久留米市通外町11-8 / 0942-33-6695 / 11:00~21:00(LO)


【九州ウォーカー編集部/取材・文=上村敏行、撮影=戸高慶一郎】(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)


【関連記事】

久留米のB級スポット⁉成田山 久留米分院で“地獄”を体験してみた

【福岡】中華の老舗が手がけるクリーミーな豚骨!まかないから生まれた「光華楼」の一杯

インスタ映えも狙える!久留米発、キュートなデコレーション風船ガム


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画