Sony

ニュース

朽ち果てた廃墟が美しいアートに!「変わる廃墟展」が東京・名古屋で開催決定

  • 2018年 02月14日 10時30分
  • 提供元:東京ウォーカー
幻想的な雰囲気が漂う1枚/(C)変わる廃墟展2018/啝

写真拡大

幻想的な雰囲気が漂う1枚/(C)変わる廃墟展2018/啝


株式会社BACON(べーこん)は、3月2日(金)から21日(水・祝)にかけて東京・浅草橋の「TODAYS GALLERY STUDIO」にて、廃墟をアート作品へと昇華した写真展「変わる廃墟展 2018」を開催。さらに3月30日(金)から4月15日(日)にかけて名古屋の「TODAYS GALLERY STUDIO NAGOYA」にて巡回展も決定。単独開催としては2015年以来、実に3年ぶりとなる。


【写真を見る】廃墟になる前の姿を想像しながら観るのも楽しい!/(C)変わる廃墟展2018/ふゅーりー


廃墟と聞くと、“朽ち果てたさびしい場所”“心霊現象が起こりそう”といったどこか近寄りがたいイメージを持つ人も多いはず。しかし本展では、廃墟の持つ“美しさ”に注目。幻想的な作品や物語を連想させる作品など、さびれた廃墟をアートな視点でとらえたイメージが”変わる”写真が一堂に会す。


アーティストは、志免鉱業所竪坑櫓(しめんこうぎょうたてこうやぐら)の佇まいに衝撃を受けて廃墟の世界に足を踏み入れて以来、全国の廃墟を巡る日々を過ごす「啝(わ)」や、全国300か所以上の廃墟を単身で巡っている“孤高の廃墟探検家”と呼ばれる「ふゅーりー」など、SNSで人気を誇る12組が参加。会場内の特設ブースでは、プロジェクターによりまるで実際に廃墟に足を踏み入れたかのような臨場感が味わえる動画作品も公開予定だ。


会場には公式ガイドブック(限定500部)をはじめ、ノート学習帳(6種類)、クリアファイル(2種類)、パーカー、Tシャツなど、廃墟マニアにはたまらないオリジナルグッズも登場。また先着2,000名にオリジナルのポストカードがプレゼントされる。


その美しさに触れれば、廃墟のイメージがきっと変わるはず!(東京ウォーカー・齋藤久美子)


【関連記事】

“圧倒的没入感”!MR駆使したお化け屋敷に“床振動システム”追加


関連ニュース

関連写真

フォトグラファーが出合った!泣ける絶景桜~...

フォトグラファーが出合い、心を動かされた絶景をご紹介。今回は言わずと知れた京都の人気スポット・哲学の道と、樹齢300年を誇る吉田のしだれ桜の2か所。フォトグラファーのコメントを参考にして、とっておきの一枚を撮影するのもおすすめ。<※情報は『関西か...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画