Sony

ニュース

“日本風美少女”で注目!最新版「花男」でヒロインのシェン・ユエ、「モテなかった」過去語る―中国

  • 2018年 02月14日 11時10分
  • 提供元:Record China
13日、再びドラマ化される「流星花園〜花より男子〜」でヒロインに起用された注目の女優シェン・ユエが、「全然モテなかった」と学生時代について語っている。写真はシェン・ユエ。

写真拡大

13日、再びドラマ化される「流星花園〜花より男子〜」でヒロインに起用された注目の女優シェン・ユエが、「全然モテなかった」と学生時代について語っている。写真はシェン・ユエ。

2018年2月13日、再びドラマ化される「流星花園〜花より男子〜」でヒロインに起用された注目の女優シェン・ユエ(沈月)が、「全然モテなかった」と学生時代について語っている。網易が伝えた。



アジア中で人気沸騰した台湾の男性ユニット・F4を生み出したのが、日本の人気コミックが原作で、01年に放送されたドラマ「流星花園〜花より男子〜」だ。昨年秋、16年ぶりの再ドラマ化が発表され、ヒロインの「牧野つくし」役を射止めたのは、20歳の中国人女優シェン・ユエ。昨年、ドラマ「致我們単純的小美好」で注目されたばかりの新人が、話題作にいきなり起用され、その顔立ちから「日本風美少女」とも呼ばれている。



このほどドラマの撮影現場でインタビューに応じ、自身の恋愛について質問されたシェン・ユエによると、現在恋人はなし。大学生になってからは、「男性運がいきなり消えた」と話しており、誰からも好意を寄せられることはなかったとのこと。父親からは未来の義理の息子について、「体が健康であること」とシンプルな条件を言い渡されているという。



F4を演じる4人とは年齢も近いことから、撮影の合い間はまるで部活のように、和気あいあいとしたムードが流れている。「美作あきら」役の梁靖康(リャン・ジンカン)について「優秀なセールスマン」と語るシェン・ユエだが、その理由は「彼が薦めてくれるものは、何でも買いたくなるほどトークが上手」なため。「花沢類」を演じる巻き髪が特徴的な官鴻(グアン・ホン)については、「いつ見ても眠っていて、永遠に睡眠不足のよう」だと語っている。(翻訳・編集/Mathilda)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

羽生結弦と福原愛、中国人に人気の2人の意外...

2018年2月18日、中国のスポーツメディアの新浪体育は、平昌五輪のフィギュアスケート男子で羽生結弦が66年ぶりの連覇を果たしたことに関連し、その出身地である宮城県仙台市について「卓球のスター選手である福原愛の故郷でもある」と紹介し、「日本でここ2...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画