Sony

ニュース

ヒュー・ジャックマン「人生を肯定してくれる作品」

  • 2018年 02月14日 14時23分
  • 提供元:日刊スポーツ
映画「グレイテスト・ショーマン」来日記者会見に出席した、ヒュー・ジャックマン(右)とキアラ・セトル(撮影・遠藤尚子)

写真拡大

映画「グレイテスト・ショーマン」来日記者会見に出席した、ヒュー・ジャックマン(右)とキアラ・セトル(撮影・遠藤尚子)

ヒュー・ジャックマン(49)が14日、都内で主演ミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」(マイケル・グレイシー監督、16日公開)来日記者会見に出席した。
 19世紀半ばのアメリカで、ショービジネスの原点を築いた伝説のプロモーターを描く物語。大ヒットミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」の音楽チームが、劇中歌を手掛ける。
 ヒューは、主題歌「This Is Me」を歌う、共演のキアラ・セトル(42)とともに登場した。「おはようございます。ハッピーバレンタイン」と日本語であいさつし、笑顔で会場に手を振った。
 同作は撮影前からワークショップを繰り返したといい、「家族のようで、自分の撮影じゃない日にも皆来ていた。懐かしい」と笑顔を見せた。ワークショップで出演が決定したというキアラは「怖くて逃げ出したかった」と当時を振り返った。続けて「ヒューや監督が『君がやりなさい』と言ってくれた。音楽は言葉を超えるということが分かった。自分も戦う力をもらっている」と涙ながらに語った。ヒューは「彼女はこの3分の歌で役を射止めた。どの経験よりも演劇的だった」とキアラの歌を絶賛した。
 最後に、ヒューは「7年掛けて心を込めて作りました。人生を肯定してくれる作品です」とアピールした。

関連ニュース

関連写真

ヒロイン像の幅を広げた今年のアカデミー賞候...

3月に発表される米アカデミー賞で、最多13部門ノミネートとなった「シェイプ・オブ・ウォーター」は、アマゾンから運ばれてきた謎の生命体とシャイな女性の恋物語である。  「バンズ・ラビリンス」(06年)「パシフィック・リム」(13年)…不思議世界を作り...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画