Sony

ニュース

松田翔太ら「西郷どん」の新キャスト発表 風間俊介「初めての大河が『西郷どん』で良かった」

  • 2018年 02月14日 14時36分
  • 提供元:エンタメOVO
(前列左から)泉ピン子、玉山鉄二、松田翔太、鈴木亮平、風間俊介、内田有紀、(後列左から)里アンナ、町田啓太、石橋蓮司、秋山菜津子、斎藤嘉樹

写真拡大

(前列左から)泉ピン子、玉山鉄二、松田翔太、鈴木亮平、風間俊介、内田有紀、(後列左から)里アンナ、町田啓太、石橋蓮司、秋山菜津子、斎藤嘉樹

 NHK大河ドラマ「西郷どん」の新たな出演者発表会見が14日、東京都内で行われ、松田翔太、風間俊介、玉山鉄二、泉ピン子、内田有紀、町田啓太ほかが西郷隆盛(吉之助)役の鈴木亮平と共に登場した。


 一橋(徳川)慶喜を演じる松田は「今回で3回目の大河になるのですが、本当にうれしく思っています。一橋は変わった切り口から入っていくので、最初は戸惑いもあったんですけど、(徳川家)最後の将軍を素直に演じていけたらなと思います」と意気込みを語った。


 初の大河ドラマ出演で、福井藩士の橋本左内を演じる風間は「初めての大河が『西郷どん』で良かったなあと感じながら撮影させてもらっています。亮平くんが作る現場の空気の器が大きくて、これが日本を変える力になっていくんだなと感じて、(鈴木が)西郷さんとリンクして幸せな毎日です」と話した。


 鈴木と松田と風間は3人で撮影するシーンが多いという。「撮影現場の様子は?」と聞かれた風間は「3人で並んで歩くと、よく主人公がいて、力持ちの大男がいて、ちょっと頭脳派の小っちゃいのがいるみたいな、物語の黄金比率みたいなことを感じて面白く思ってます」と回答。これには、鈴木も「全くその通りですね。凸凹トリオで動いています」と賛同して、笑いを誘った。


 「座長の鈴木さんの印象は?」と質問されると、出席者全員が「過酷な撮影現場でも鈴木さんの笑顔“吉之助スマイル”に和まされている」と答えた。


 玉山は「5、6年前に、小栗旬くんの紹介で居酒屋で亮平くんと会ったんですけど、そのときに酔っぱらって『出てきたメニューの食レポをする』っていうのをやったら、(鈴木は)食レポはすごく下手でした」とエピソードを披露して、笑わせた。


 このほか、会見には欠席したが、遠藤憲一、近藤春菜(ハリセンボン)、柄本明らの出演も発表された。


【関連記事】

関連ニュース

関連写真

ヒロイン像の幅を広げた今年のアカデミー賞候...

3月に発表される米アカデミー賞で、最多13部門ノミネートとなった「シェイプ・オブ・ウォーター」は、アマゾンから運ばれてきた謎の生命体とシャイな女性の恋物語である。  「バンズ・ラビリンス」(06年)「パシフィック・リム」(13年)…不思議世界を作り...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画