Sony

ニュース

東芝、17年度は5200億円の黒字予想へ

  • 2018年 02月14日 15時21分
  • 提供元:ITmedia NEWS

 東芝は2月14日、2017年度通期(17年4月〜18年3月)連結業績予想を上方修正し、最終損益が5200億円の黒字となる見通しを発表した。従来予想は1100億円の赤字だったが、米原発会社Westinghouse(WH)債権の売却益などで一転した。黒字になれば13年度以来、4年ぶり。


 売上高は3兆9000億円(前期比3.6%減)、営業損益はトントン(同2707億円の黒字)で着地する予想。子会社・東芝メモリの株式譲渡が実現する可能性が高くなり、非継続事業へと組み替えたため下方修正した。

関連ニュース

関連写真

「SONY」を再び特別なブランドに “平井...

ソニーの平井一夫社長が会長に退き、最高財務責任者を務めている吉田憲一郎氏が社長になると発表された。このニュースに関連し、平井氏がソニーをどのようにけん引し、最高益を出すまでに至ったかを振り返ってほしいと編集部から依頼を受けたとき、最初に思い出した...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画