Sony

ニュース

2人のエース、出場へ…女子1000始まる

  • 2018年 02月14日 19時01分
  • 提供元:読売新聞
 平昌五輪第6日の14日、スピードスケート女子1000メートルが午後7時から始まった。
 小平奈緒(相沢病院)、高木美帆(日体大助手)のワンツーフィニッシュの可能性も十分ある。
 小平は最終組1組前の第15組、高木美は第14組で滑走。郷亜里砂(イヨテツク)が第10組に出場する。
 今季のW杯で日本が誇る二人のエース、小平と高木美がそろって1000メートルに出場したのは3戦。いずれも小平が1位、高木美が2位となっている。小平は昨年12月のソルトレークシティー大会では1分12秒09の世界記録を更新。「これで1000メートルも自分の距離に思える」と、自信を深めた。
 高木美にとっては、15歳で出場したバンクーバー五輪で最下位となる35位に沈んだ種目。大きく成長して迎えた今季、W杯初戦では1分14秒45の低地リンクベストをマークした。これは前回大会の銀メダルに相当するタイムだ。8年前の汚名返上と、1500メートルに続く2個目のメダルを狙う。

関連ニュース

関連写真

宮原「すごく緊張」坂本「最後まで集中できた」

平昌五輪フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)で4位につけた宮原知子(さとこ)(関大)は「最初から最後まで、すごく緊張した」といい、「何とか大きなミスなく滑れて、フリーにつなぐことができたのでよかった」とホッとした表情を見せた。  団体...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画