Sony

ニュース

エアバス最新鋭機「A350−1000」日本初飛来=366席、1万4800キロ航続

  • 2018年 02月14日 00時00分
  • 提供元:時事ドットコム

音量調整は、動画プレーヤー内の音量調整ボタンを使用して行ってください

 欧州航空機大手のエアバスは14日、最新鋭旅客機「A350−1000」を日本航空の格納庫(東京都大田区)で報道陣らに公開した。高い需要が期待されるアジア太平洋地域などにアピールする、デモ飛行ツアーの一環で日本に初飛来。全長は73.8メートル、座席はビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの標準3クラスで366席を設定でき、航続距離は1万4800キロに及ぶ。
 同機は双通路型ワイドボディー機「A350XWB」のロングモデル。標準型の「A350−900」と比較すると胴体が7メートル延長され、40席多くシートを設けられる。システムや部品の95%を共通化する一方で、大型機体の効率性を高めるため、翼の後縁に改良を加えたほか、主脚は6輪とし、推力が上回るエンジンを搭載した。
 競合する米航空機大手ボーイングの「777−300ER」と長距離飛行時の燃費や整備などの費用を比較すると、25%も削減できるという。
 格納庫を提供した日航は、13機を発注。標準型と合わせ31機に上り、A350XWBの引き渡しは2019年度からを予定。
 現在、日航はA350−1000の仕様詰め段階にあり、植木義晴社長は「社員の夢と希望を基に最高の飛行機に仕上げたい」と抱負を語った。

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画