Sony

ニュース

  • 2018年 02月14日 18時14分
  • 提供元:共同通信
旧優生保護法(1948~96年)下で、知的障害を理由に不妊手術を強制された宮城県の60代女性が、国に1100万円の損害賠償を求めて仙台地裁に提訴した訴訟の第1回口頭弁論が3月28日に開かれることが14...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画