Sony

ニュース

ガラタサライ長友は既にチームに溶け込んだ 地元紙

  • 2018年 02月14日 19時22分
  • 提供元:日刊スポーツ
長友佑都

写真拡大

長友佑都

14日のトルコ紙サバフは、ガラタサライに新加入した長友佑都について、以下のように報じた。
 ガラタサライで今季左サイドバックのユニホームを手に入れた7番目の選手は長友だ。彼は1週間でこのポジションを手にしたのだ。試合のたびにファンから好意的なまなざしで注目されている。12日のアンタルヤスポル戦で見せた好プレーの数々は記憶に新しい。ガラタサライの中で、長友は最も走る選手となった。今回の試合で10・98キロもの距離を記録した。ドンクの10・49キロがこれに続く。
 インテルから心身ともにベストコンディションでガラタサライ入りした長友は、前方でプレーするロドリゲスを安心させたようだ。アシストやゴールを決めるロドリゲスの左サイドのパートナーとして、既に短期間でチームに溶け込んだ。
 テリム監督は、故障などがない限り長友を起用しそうだ。

関連ニュース

関連写真

吉田麻也が左膝負傷、長期離脱なら3月代表戦...

サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也(29)が18日、公式ブログを更新し、左膝を負傷したことを明かした。  固定用の装具をつけた写真を掲載するとともに「膝の怪我でしばし離脱します。やっと肉離れ後コンディションも上がってきて試合に絡めそうな時だっただ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画