Sony

ニュース

「銅、まだ上目指すモチベーション」高梨ら帰国

  • 2018年 02月14日 19時51分
  • 提供元:読売新聞
韓国から帰国し、獲得した銅メダルを手に笑顔の高梨沙羅選手(14日午後3時19分、羽田空港で)=林陽一撮影

写真拡大

韓国から帰国し、獲得した銅メダルを手に笑顔の高梨沙羅選手(14日午後3時19分、羽田空港で)=林陽一撮影

 平昌五輪のスキージャンプ女子ノーマルヒルで銅メダルを獲得した高梨沙羅選手(21)(クラレ)と、フリースタイルスキーの男子モーグルで銅メダルに輝いた原大智選手(20)(日大)が14日午後、羽田空港に帰国した。
 到着ロビーには大勢の人が待ち受け、それぞれの選手が姿を現す度に拍手や歓声で出迎えた。
 空港内で記者会見した高梨選手は、「目標だった金メダルには届かなかったが、たくさんの方々に支えられて取れた銅メダルだった」と振り返った。また、「自分の全部をぶつけたので、すがすがしさはあったが、まだ上を目指すモチベーションにもつながった」と話し、4年後の五輪に向けて決意を新たにしていた。

関連ニュース

関連写真

日本6位、ノルウェーがV…ジャンプ男子団体

平昌五輪第11日の19日、ノルディックスキー・ジャンプ男子団体が行われた。  前回ソチ大会3位の日本は、940・5点で6位に終わり、2大会連続のメダルはならなかった。  1回目、2番手の伊東大貴はその組4位だったが、他の3人はいずれも6位。総合順...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画