Sony

ニュース

1カ月半に7社も!中国で海外企業の炎上相次ぐ―中国メディア

  • 2018年 02月14日 23時30分
  • 提供元:Record China
13日、参考消息(電子版)によると、中国人への対応をおろそかにした海外企業が相次いで謝罪している。資料写真。

写真拡大

13日、参考消息(電子版)によると、中国人への対応をおろそかにした海外企業が相次いで謝罪している。資料写真。

2018年2月13日、参考消息(電子版)によると、中国人への対応をおろそかにした海外企業が相次いで謝罪している。



英国在住の中国ネットユーザーが「ロンドン・ヒースロー空港の免税店が中国人に差別的なキャンペーンを実施している」と暴露したことを受け、ヒースロー空港が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の公式アカウントを通じて謝罪した。



2018年に入ってからだけでも中国人に謝罪した海外企業はメルセデス・ベンツや無印良品など7社に及ぶ。いずれも中国人によるネット告発で炎上し、謝罪に至っている。ネット上で「海外企業+謝罪」のキーワードで検索すると、70万件を超えるウェブページがヒットするという。



この報道に、中国のネットユーザーからは「間違いを謝罪するのは当然」「国力が強くなったからこその変化だ」「処罰しなければこうした事例は減らない」「手を取り合えば大きな力になる」「われわれが一斉に反応することには意味があると明らかになった」などのコメントを寄せているという。(翻訳・編集/岡田)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

就職難が深刻化する韓国、若者たちが本当に欲...

2018年2月22日、韓国・東亜日報は、ソウル市が支給する青年手当について、受け取る側の青年たちの考えを伝えた。 ソウル市は昨年6月、満19〜29歳の青年5000人を選抜し、青年手当を初めて支給した。選抜された青年は6カ月間、毎月50万ウォン(約...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画