Sony

ニュース

爆買いの中国人観光客、世界でカモに―中国メディア

  • 2018年 02月15日 05時40分
  • 提供元:Record China
12日、騰訊網は、英ロンドンのヒースロー空港の免税店が、中国人客だけを差別していると指摘された問題で、「世界各地で爆買いの中国人客は差別扱いされている」と伝えた。資料写真。

写真拡大

12日、騰訊網は、英ロンドンのヒースロー空港の免税店が、中国人客だけを差別していると指摘された問題で、「世界各地で爆買いの中国人客は差別扱いされている」と伝えた。資料写真。

2018年2月12日、騰訊網は、英ロンドンのヒースロー空港の免税店が、中国人客だけを差別していると指摘された問題で、「世界各地で爆買いの中国人客は差別扱いされている」と伝えた。



ヒースロー空港第2ターミナルの免税店でこのほど、アルバイトの中国人留学生が、割引クーポンを中国以外の国の客には79ポンド(約1万2000円)以上の買い物で渡していたが、中国人客には1000ポンド(約15万円)以上を買った人のみに渡していた。店側は差別の事実を認め、謝罪を表明した。



記事は「中国は急速な経済発展で海外に旅行する人が増えた。金持ち中国人の爆買いに海外の小売業者やサービス業者は喜び、差別して接客するようになった。お金を持っていて必ず買い物をする中国人客は、カモの対象になった」と指摘した。



一方で、「このような行為は中国人に損させるだけでなく、英国に対する外国人の信用も失うことにつながる。国を問わず、客には誠意を持って接し、差別を金儲けの手段にすることは受け入れられないだろう」と伝えている。(翻訳・編集/大宮)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

就職難が深刻化する韓国、若者たちが本当に欲...

2018年2月22日、韓国・東亜日報は、ソウル市が支給する青年手当について、受け取る側の青年たちの考えを伝えた。 ソウル市は昨年6月、満19〜29歳の青年5000人を選抜し、青年手当を初めて支給した。選抜された青年は6カ月間、毎月50万ウォン(約...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画