Sony

ニュース

共働きの“すれ違い”を防ぐ! 夫婦円満が持続する「コミュニケーションの工夫」4つ

  • 2018年 02月15日 06時30分
  • 提供元:ウレぴあ総研
共働き夫婦の変えられない現実…

今では、夫も妻も働く「共働き」が当たり前の時代。


でも、勤務時間帯や休みが違っていたり、どちらかが残業が多いと、家庭での会話がなくなりやすいですよね。


とはいえ、二人とも働いている以上、意識して時間を作り出さない限り、どんどん夫婦間の会話やコミュニケーションがなくなり、すれ違いが起きかねません
夫婦でベッドを別にしているなら、さらに危険な状態に。夫婦がただの同居人になり、家庭が寝に帰るだけの場所になるのは時間の問題と言っても言い過ぎではないでしょう。


場合によっては、すれ違いから、仲違いや離婚に発展してしまうことも。


とはいえ、「時間を作ってパートナーとコミュニケーションしないといけないのは分かってるけど、どうしても難しい……」という方も多いと思います。


LINEなどで、お互いにコミュニケーションを取るのも一つの手です。ですが、スマートフォン上のやりとりは、お互いの感情や息づかいを感じにくいもの。


やはり、夫婦の心が重なるのは、リアルなコミュニケーションです。


無理をしても時間を作れないなら、こういった方法はどうでしょう?


共働き夫婦のすれ違いを防ぐ方法

簡単なメッセージでもいいので、手書きのメッセージを自宅でやりとりする

アナログな方法ですが、手書きのメッセージはLINEなどのスマホ上で読む字よりも、あたたかみがありますし、お互いの感情が伝わりやすいです。


「お帰りなさい」といった簡単なメモを夫婦間でやりとりすると、心の距離が近づきやすくなります。


金魚や観葉植物など、飼育や世話が簡単な動植物の世話をする

これも、夫婦のコミュニケーション不足が解消しやすい方法の一つです。


人間は自分以外のためには、意外なほどエネルギーを注げるもの。金魚や観葉植物といった、世話が簡単な動植物の世話を夫婦ですると、必然的にコミュニケーションする機会が増え、お互いの心が近づきやすくなります。


夫婦が共通で好きな飲み物を、先に帰ったほうが用意するルールを作る

自宅でご飯を作る時間がないほど忙しい夫婦の場合、こういった方法はどうでしょうか?


夫婦が共通で好きな飲み物(たとえばコーヒーなど)を、先に帰ったほうが作って、ポットに入れておくというルールを作るのです。


飲食は心が急速に近づきますので、この方法は極めて効果的です。


先に帰ったほうが食事を作るというのは厳しくても、飲み物を入れるくらいならハードルが低く、挫折せずに続けられるのではないでしょうか。


なんとしてでも時間を作り、週一回は二人で顔を合わせて食事をする

もっとも効果的な方法は、こちらです。一緒に食事をすることは、お互いの心が一番近づきやすいからです。


食事も、別にこったものを作らなくても構いませんし、自宅で食事をするのが難しいなら、仕事が終わったあとに待ち合わせて、どこかで外食をしてもいいでしょう。

いかがでしょうか。「ハードルが高い」と感じない方法から始めてみるのが挫折しないコツです。

忙しすぎて、夫婦のパートナーとのコミニュケーションがうまくいってないと感じる方は、ぜひ試してみてくださいね。


【関連記事】

関連ニュース

関連写真

モンブランだけどカキ氷!?ほうじ茶×ミルク...

2016年の春に唐人町に開業して話題を呼んだかき氷専門店が、満を持して2店舗目を2017年11月に天神エリアにオープンさせた。冬にも関わらず、店内は多くの人でにぎわいをみせる。その人気の理由を探ってみた! 【写真を見る】モンブランのかき氷には、国...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画