Sony

ニュース

苗場スキー場がSUBARU一色に染まる!ゲレンデタクシー5周年イベントが開催

  • 2018年 02月15日 11時00分
  • 提供元:東京ウォーカー
「ゲレンデタクシー」は2014年2月が初開催。2018年シーズンで5周年となる

写真拡大

「ゲレンデタクシー」は2014年2月が初開催。2018年シーズンで5周年となる


自動車メーカーのSUBARUが、2月17日(土)から18日(日)にかけて「ゲレンデタクシー」の5周年を記念した「SUBARU SNOW FES IN NAEBA」を新潟県・苗場スキー場で初開催する。イベント期間中は、「ゲレンデタクシー」も合わせて開催されるなど、熱い2日間となりそうだ。


【写真を見る】SUBARU SNOW FES IN NAEBA


「ゲレンデタクシー」はリフトに代わって、スキーヤーやスノーボーダーをSUBARU SUVに乗せてゲレンデを駆け上がるイベントだ。通常、車が走ることがないスキー場ゲレンデ内をSUVで走行する貴重な経験に加え、同社SUVの優れた雪上走行機能を体験することができる。



2018年シーズンは史上最大となる全国4会場で開催。これまで、2017年12月16日(土)・17日(日)北海道・サッポロテイネ、2018年1月20日(土)・21日(日)岩手県・安比高原スキー場、2月3日(土)・4日(日)長野県・栂池高原スキー場で行われ、今回の苗場スキー場が今シーズンの最後の開催となる。


「ゲレンデタクシー」に使用されるSUVは、SUBARU XV、フォレスター、レガシィ アウトバックの3車種。いずれも同社独自の四輪駆動システム“シンメトリカルAWD(全輪駆動)”を搭載し、市場投入されている車だ。



シンメトリカルAWDは、四輪にバランスよく荷重がかかるためタイヤの路面追従性が向上。雪道や泥道、雨に濡れた道などさまざまなシチュエーションで走行安定性が増すため、今回のゲレンデ走行にもピッタリというわけだ。



「ゲレンデタクシー」への参加方法は、ゲレンデタクシー会場で車両と一緒に撮影し自分のSNSにアップするだけでOK。乗車自体は無料なので、この機会にぜひ参加してみてはいかがだろうか。


そして初開催となる「SUBARU SNOW FES IN NAEBA」では、体験型企画「SUBARU SNOW DRIVING EXPERIENCE」、プロドライバーによるデモンストレーション走行を行う「WRX STI エキサイティングドライブ」、「ゲレンデタクシーVR体験」、「SUBARU SNOW CAFE」といった盛り沢山なイベントの開催が予定されている。



「SUBARU SNOW DRIVING EXPERIENCE」は事前応募が必要となり、残念ながら2月4日で既に締め切られている。自走で雪上走行性能を体感できる雪上コース試乗や、全日本ラリー選手権などで活躍するプロドライバー新井敏弘選手、鎌田卓麻選手がWRX STIで行うデモ走行に同乗する経験は、普段得難い貴重なものだ。ただし、枠は60名と限られているが、プロドライバーのデモ走行への同乗体験は当日枠もあるようなので、イベントを覗いてみてもいいかもしれない。



また、2月17日(土)は20時45分頃より、打ち上げ花火とWRX STIがコラボレーションしてパフォーマンスを披露する「ゲレンデ花火×WRX STI コラボレーションドライビング」が開催されるなど、会場全体でSUBARUを楽しめる内容が予定されている。



開催が今から待ち遠しい注目のイベント。スキーヤーやスノーボーダーはもちろん、車ファンも思いっきり楽しんでほしい。(東京ウォーカー(全国版)・安藤康之)


【関連記事】

バラエティ豊かな軽自動車111台が、雪降る富士スピードウェイで大暴れ!K4-GP開催

JAPANキャンピングカーショー2018で発見!すごすぎる3車種

ついに市場投入!「ルノートゥインゴ GT」試乗会レポ


関連ニュース

関連写真

女性にとって職場復帰は心配?楽しみ? 両立...

同じ共働きでも、子どもがいるのといないのとでは状況が大きく異なる。人材コンサルティングなどを行うインディプロス(東京)は、2014年4月以降に産休・育休から復帰した女性152人から回答を得たインターネット調査を実施した。最初に「復帰前に一番強かっ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画