Sony

ニュース

合唱指揮の国際大会で受賞者の国籍が「中国台湾」から「台湾」に―米華字メディア

  • 2018年 04月02日 16時10分
  • 提供元:Record China
1日、米華字メディア・多維新聞によると、ロシアで行われた合唱指揮の国際大会で2位に選ばれた指揮者の国籍が、当初の「中国台湾」から「台湾」に改められた。

写真拡大

1日、米華字メディア・多維新聞によると、ロシアで行われた合唱指揮の国際大会で2位に選ばれた指揮者の国籍が、当初の「中国台湾」から「台湾」に改められた。

2018年4月1日、米華字メディア・多維新聞によると、ロシアで行われた合唱指揮の国際大会で2位に選ばれた指揮者の国籍が、当初の「中国台湾」から「台湾」に改められた。



この大会は2012年7月に亡くなったロシアの指揮者、ボリス・テヴリンの名を冠した国際大会で、先月30日の決勝で台湾の謝斯韵(シエ・スーユィン)氏がロシア人の出場者とともに2位に選ばれた。記事によると、司会者は同氏の国籍の紹介として「台湾」と発表したが、主催した音楽院は公式サイト上で同氏の国籍を「中国台湾」と表記。その後、台湾側との話し合いを経て「台湾」に改められたという。



記事はこのケースとは逆に、台湾を国扱いしていた複数の企業が謝罪に追い込まれていることや、謝罪後もネット上に不満を示すコメントが寄せられることなどに言及している。(翻訳・編集/野谷)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真