Sony

ニュース

究極の追従性と「操球感」...ハイスペックなワイヤレストラックボール

  • 2018年 04月16日 13時00分
  • 提供元:J-CAST
パーツの選定や設計に妥協なし

写真拡大

パーツの選定や設計に妥協なし

パソコンおよびスマートフォンなどの周辺機器を扱うエレコム(大阪市)は、ワイヤレストラックボール「DEFT PRO M-DPT1MRBK」を2018年4月下旬に発売する。指の可動範囲が広く、快適にカーソル操作ができるという人差し指操作タイプ。

有線/無線/Bluetooth接続に対応

トラックボールの動きを検出するセンサーにはゲーミンググレードの光学式センサーを使用したほか、同センサーに最適なトラックボールの色やコーティング層の厚みなどを徹底解析、"究極のポインター追従性"を実現したという。また支持球には表面が滑らかなもののみを厳選したという2.5ミリ径の大型人工ルビーを採用し、操球感が格段に向上しているとのことだ。


支持球の大径化により手垢などのゴミに埋もれにくく、メンテナンス頻度を減らせる。またボールは裏面の穴から簡単に取り外し可能なので、ボールやボール受けのメンテナンスも簡単だ。


左右ボタンには耐久性能とクリック感に定評のあるOMRON製の1000万回高耐久スイッチ、ホイールスクロールには部品の摩耗がなく耐久性にすぐれる光学式エンコーダーを採用する。


有線接続用ケーブルとワイヤレスレシーバーが付属し、有線/無線/Bluetooth、3つの接続方法から選択可能。レシーバーはコンパクトな1円玉サイズで、トラックボール本体内に収納できる。


本体裏面に電源スイッチを備え、不使用時の電池消耗を抑えられる。電池の交換時期を知らせる残量表示ランプを搭載する。


電源は単3形乾電池×1本。


価格は1万7780円(税別)。
<J-CASTトレンド>


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真