Sony

ニュース

阪口決定弾!なでしこがW杯出場権を獲得8・1%

  • 2018年 04月16日 10時39分
  • 提供元:日刊スポーツ
日本対オーストラリア 後半、先制ゴールを決めた阪口夢(左から2人目)は選手に抱きつかれ祝福される(2018年4月13日撮影)

写真拡大

日本対オーストラリア 後半、先制ゴールを決めた阪口夢(左から2人目)は選手に抱きつかれ祝福される(2018年4月13日撮影)

<女子アジア杯:日本1-1オーストラリア>◇1次リーグB組◇13日◇アンマン

 なでしこジャパン(FIFAランク11位)が13日、出場8カ国中5位までに与えられる19年ワールドカップ・フランス大会出場権の獲得となったAFC女子女子アジアカップ1次リーグB組のオーストラリア戦(午後10時40分)のテレビ朝日系の平均視聴率が8・1%(関東地区)だったことが16日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 なでしこジャパンが8大会連続となるワールドカップ出場を決めた。同6位のオーストラリアに対し後半18分にMF阪口夢穂(30=日テレ)が先制ゴール。同41分に同点とされたが1次リーグB組2位で準決勝進出を決め、8チーム中上位5チームに与えられるW杯出場権を手にした。

 試合は、前半をスコアレスドローで迎えた後半18分、中盤からのスルーパスに左サイドから抜け出したMF長谷川唯(21=日テレ)が、ペナルティーエリア内から左足でグラウンダーの折り返し、MF阪口夢が左足で合わせ先制ゴールを挙げた。同41分に得点を奪われ同点とされたが1-1で引き分けた。

 W杯は来年6月7日に開幕、フランスで開催される。

関連ニュース

関連写真

広島対東京の“矛盾”首位攻防戦注目/J1見...

第10節を迎えるJ1は、8勝1分けで唯一、無敗のサンフレッチェ広島が、勝ち点を25に伸ばした。2位FC東京との勝ち点差を9とし、早くも独走態勢に入りつつあるが、その両チームが東京のホーム・味の素スタジアムで激突する直接対決が、第10節最大の見どこ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真