Sony

ニュース

  • 2018年 04月17日 01時23分
  • 提供元:共同通信
化学兵器が使われた疑いのあるシリア・ダマスカス近郊東グータ地区ドゥーマで、壊れた建物の前にたたずむ人々=16日(AP=共同)

写真拡大

化学兵器が使われた疑いのあるシリア・ダマスカス近郊東グータ地区ドゥーマで、壊れた建物の前にたたずむ人々=16日(AP=共同)

【ドゥーマ共同】シリアのアサド政権は16日、首都ダマスカス近郊の反体制派の拠点で政権軍による化学兵器攻撃があったとされる東グータ地区ドゥーマを共同通信など一部外国メディアに公開した。被害を受けたという...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

倒壊ブロック塀は積み増し、40年以上違法状態

大阪府北部を震源とする地震で高槻市立寿栄(じゅえい)小のブロック塀が倒壊し、小学4年の女子児童(9)が死亡した問題で、この塀は遅くとも1977年度には現在の高さ(約3・5メートル)まで積み増しされていたことが、市教育委員会の調査でわかった。当時の...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真