Sony

ニュース

ロシア人記者が自宅で転落死、シリアで展開の同国人傭兵について執筆

  • 2018年 04月16日 23時48分
  • 提供元:AFPBB News
ロシア・エカテリンブルクのアパート群(2017年8月19日撮影、資料写真)。©AFP=時事

写真拡大

ロシア・エカテリンブルクのアパート群(2017年8月19日撮影、資料写真)。©AFP=時事

【AFP=時事】ロシア・ウラル(Urals)地方の主要都市エカテリンブルク(Yekaterinburg)で、ジャーナリストがアパートの5階にある自宅のバルコニーから転落して死亡した。捜査当局が16日、明らかにした。このジャーナリストはシリアで展開するロシア政府の「陰の軍隊」について執筆していたが、当局は不審な点はないとしている。

 通信社に勤務していたボロディン氏は先週、アパートから転落し、病院で15日、けがにより死亡した。同氏は近年、同国政府がシリアに展開させていたロシアの民間軍事会社「ワグネル(Wagner)」の傭兵たちの死に関する執筆を行っていた。

 地元捜査当局は16日、国営タス通信(TASS) に対し、「この件に手を付ける根拠はない」と話し、「不運な事故など、いくつかの見解が検討されているが、犯罪が行われた形跡はない」と説明した。

 だが欧州安保協力機構(OSCE)の「メディアの自由」担当代表であるアルレム・デジール氏(Harlem Desir)は、ボロディン氏の死について「深刻な懸念」を表明。

 デジール氏は16日、「迅速かつ徹底的な捜査を行うよう当局に要請した」とツイッター(Twitter)に投稿した。
【翻訳編集】AFPBB News

関連ニュース

関連写真

日米の深い摩擦は調整困難―中国メディア

トランプ米大統領は18日、フロリダ州パームビーチの高級別荘「マールアラーゴ」で日本の安倍晋三首相と6回目の会談を行った。安倍首相の今回の訪米は貿易と朝鮮半島の核問題で突破口を探るものだが、2日間の会談の結果を見ると「素晴らしい成果」を出すことはでき...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真