Sony

ニュース

前FBI長官は「多くの犯罪に及んだ」 トランプ氏、再び怒りの投稿

  • 2018年 04月17日 05時34分
  • 提供元:AFPBB News
ドナルド・トランプ米大統領。首都ワシントンのホワイトハウスで(2018年4月9日撮影、資料写真)。©AFP=時事

写真拡大

ドナルド・トランプ米大統領。首都ワシントンのホワイトハウスで(2018年4月9日撮影、資料写真)。©AFP=時事

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は16日、自身を大統領には「道徳的に不適格」だと批判したジェームズ・コミー(James Comey)前連邦捜査局(FBI)長官に反発し、コミー氏は「多くの犯罪」に及んだと主張した。

 トランプ氏は早朝のツイッター(Twitter)への投稿で、自身が昨年5月に解任したコミー氏が議会で虚偽の証言を行ったと主張。さらに、2016年大統領選の世論調査でヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏が高い支持を得ていたことを理由に、同氏の刑事責任を追及しなかったと批判した。

「コミーは、いかさまヒラリーと話をするよりもずっと前に、彼女の免責を立案し(議会でG上院議員にうそをついた)、そして彼女の世論調査結果に基づいて決定を下した。不満を抱いた彼と(前FBI副長官のアンドリュー・)マケイブ(Andrew McCabe)らは、多くの犯罪に及んだ!」(トランプ氏の投稿より)

 コミー氏は15日、自身の回顧録「A Higher Loyalty: Truth, Lies, and Leadership(高い忠誠心:真実とうそとリーダーシップ)」の宣伝活動の皮切りとして米ABCのインタビューに応じ、トランプ氏は虚言癖があり「周囲の人々をおとしめる」人物だと批判していた。

 トランプ氏と共和党は、この暴露本の影響を抑えようと、コミー氏が機密情報を漏えいしただとか、クリントン氏に対する2016年の捜査で不正を行ったと主張している。

 共和党は、同書に対抗するウェブサイトを立ち上げ、前FBI長官を「うそつきコミー」と呼び批判。トランプ氏はコミー氏を「信用できないげす」などと罵倒(ばとう)し、同氏を解任したことは「非常に光栄」だと述べている。
【翻訳編集】AFPBB News

関連ニュース

関連写真

日米の深い摩擦は調整困難―中国メディア

トランプ米大統領は18日、フロリダ州パームビーチの高級別荘「マールアラーゴ」で日本の安倍晋三首相と6回目の会談を行った。安倍首相の今回の訪米は貿易と朝鮮半島の核問題で突破口を探るものだが、2日間の会談の結果を見ると「素晴らしい成果」を出すことはでき...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真