Sony

ニュース

実は超フォトジェニックな被写体“クラゲ”!海遊館「海月銀河」で幻想的な写真を撮ってきた

  • 2018年 04月17日 12時05分
  • 提供元:東京ウォーカー
神秘的な銀河の世界にうっとり/海遊館 海月銀河

写真拡大

神秘的な銀河の世界にうっとり/海遊館 海月銀河


年間200万人以上が訪れる世界有数の水族館「海遊館」にオープンした新しいクラゲエリア「海月銀河」。明るさを抑え、クラゲだけが浮き上がる漆黒の空間で、独特の柔らかい動きや繊細な美しさを観賞できる。水槽にもさまざまな工夫をこらし、空間全体でクラゲの魅力を表現。水中を漂いながら暮らすクラゲの神秘と不思議に浸れる、唯一無二の空間で癒しの時間を。<※情報は関西ウォーカー(2018年4月17日発売号)より>


【写真を見る】ミズクラゲの水槽の周りは鏡張り/海遊館 海月銀河


■ フォトジェニックな銀河の世界へ


天井には約700個の球状照明を円弧状に設置。点灯と消灯を繰り返しクラゲの拍動を表現。多方向から観察できる丸い水槽が並ぶ空間で、クラゲのゆったりとした動きに癒されて。


個性豊かなクラゲたちと一緒に浮遊しているような体験を!


「思っていたより暗くて、ほぼ真っ暗。その中にクラゲの姿が浮かび上がって輝いて見えます。見ている方もふわふわしているような不思議な気持ちになって、ずっと見ていられる…。日常を忘れられる癒し空間でした」(編集部)


■ クラゲを美しく見せる水槽


水槽の台や配管などを極力見えないように設置することで、水槽までも浮いているかのよう。また、水槽内のひと筋の光に沿ってクラゲが動くと、繊細な触手や模様がよく見える。


ミズクラゲの水槽の周りは鏡張り。左右、天井まで万華鏡のように幻想的な広がりを見せる。


波紋の広がりで水と生命を表現。同時に静謐(せいひつ)感も演出。


「入ってすぐに見えるボウルのような水槽ではブルージェリーフィッシュが元気に泳いでいます。色もきれいで動きがとにかくかわいい。近くで観察することはできませんが、自由に泳ぎ回る姿を見るのも飽きません!」(編集部)


■ クラゲは超フォトジェニック!


漆黒の世界を漂うクラゲの姿は、癒されるだけでなく被写体としても人気。展示されている約10種のクラゲのなかで、スタッフに教えてもらったフォトジェニックなBEST3はこちら!


<ベスト1>「オワンクラゲ」。透明な体と細くて長い触手が幻想的。動きがゆったりとしているため撮影もしやすい。


<ベスト2>「カブトクラゲ」。触手はなく、かぶとのような形。水槽内の光が反射し、まるでネオンのように光る。


<ベスト3>「アカクラゲ」。体全体が鮮やかな赤色で、流れ落ちるような触手が美しい。非常に強い毒を持つ。


「私が見とれてしまったのはカブトクラゲ。光るクラゲとして知られていますが、本当にキラキラ。これを美しく撮影できれば、いいね!がたくさんもらえること間違いなし」(編集部)


【クラゲを美しく撮るフォトテクニック】「お持ちのスマホでもキレイに撮影できます。ベストショットを逃さないように連写するのもおすすめ。また、宇宙空間のような背景をぼかして撮影するとアートな雰囲気も出ます」と、クラゲ担当の松村将太さん。


■ まだまだここもスゴかった!


すでにここから銀河の世界が始まってます。


スマホで撮影。なかなか難しい…。


わかりにくいですが、水槽を泳ぐブルージェリーフィッシュ。見ていて飽きない!


「以前からクラゲの展示はありましたが、展示方法でこんなに見え方が変わるんですね。クラゲの不思議さとか神秘性が、真っ暗な空間の中で際立って、神々しくすら見えました。丸い水槽は正面や横からだけでなく、下から見えるものも。いろんな角度から観察できて、とにかく飽きないです。色や形、触手の長さなどそれぞれ違っていてどれもきれい。インスタグラムで『#海月銀河』を検索するとたくさん写真がアップされていますよ」(編集部:松浦)


■海遊館 海月銀河<住所:大阪市港区海岸通1-1-10 電話:06-6576-5501 時間:10:00~20:00(最終入館19:00) ※時期により異なる 休み:不定休 料金:大人(2300円) 駐車場:1300台(平日200円/30分~) 交通:地下鉄大阪港駅より徒歩5分>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)


【関連記事】

街中で“いろり”を囲んで一杯!炭火焼でちょい飲みできる「いろり焼き かるた」

ワニ、ダチョウ、ナマズなど各地の珍味が味わえる天王寺の名物立ち飲みといえばココ!

深夜までやってます!ちょい飲みエリア拡大中の“ウラなんば”行列店6選


関連ニュース

関連写真

初心者からリピーターまで ゴールデンウイー...

2018年のゴールデンウイークは最大4連休。平日を2日休めば9連休となり、海外旅行にも十分出かけられる日程だ。行き先は台北やソウルといった近場で行きやすいアジアの都市はもちろん、定番のホノルルやグアムのようなリゾート地が相変わらず...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真