Sony

ニュース

セクハラ疑惑告発にピュリツァー賞…運動契機に

  • 2018年 04月17日 18時22分
  • 提供元:読売新聞
 【ニューヨーク=橋本潤也】米国の優れた報道などに贈られる2018年度のピュリツァー賞が16日発表された。
 公益部門ではハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏らのセクハラ疑惑を告発したニューヨーク・タイムズ紙とニューヨーカー誌が受賞した。報道を機にセクハラ被害を告発する「Me Too(私も)運動」が米国の政界やメディア界だけでなく、世界中に広がったことなどが評価された。
 国内報道部門は、ロシアによる16年米大統領選への干渉疑惑や、ロシアとトランプ米大統領の選挙キャンペーンとの関係などを報じたワシントン・ポスト紙とニューヨーク・タイムズ紙が受賞。ニュース写真部門は、米南部バージニア州シャーロッツビルで昨年8月、白人至上主義のデモに参加した男の車が、反対派グループの列に突っ込んだ瞬間を捉えた地元紙デイリー・プログレスのカメラマンが受賞した。

関連ニュース

関連写真

日本の若者、中国に全く関心なし?―米華字メ...

2018年4月17日、米華字メディア・多維新聞は、北京で働く日本人の20代の女性にインタビューした様子を伝えた。 記事は「先日、北京でインターネット関連の仕事に従事している1990年代生まれの女性、池田真理さんにインタビューを行った」とし、その内...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真