Sony

ニュース

アトレチコが6季ぶり3度目V グリーズマンが2発

  • 2018年 05月17日 07時41分
  • 提供元:日刊スポーツ
優勝トロフィーを掲げ、喜びを爆発させるAマドリードの選手たち(AP)

写真拡大

優勝トロフィーを掲げ、喜びを爆発させるAマドリードの選手たち(AP)

<欧州リーグ:マルセイユ0-3Aマドリード>◇決勝◇16日◇リヨン

 アトレチコ・マドリード(スペイン)が、DF酒井宏樹が所属するマルセイユ(フランス)を3-0で下し、11-12年シーズン以来6季ぶり3度目の優勝を果たした。FWグリーズマンが2ゴールを挙げる活躍を見せた。酒井宏はベンチ入りしたが出場機会はなく、札幌MF小野伸二がフェイエノールト(オランダ)時代の02年に前身のUEFA杯を制して以来、日本人2人目の制覇はならなかった。

 前半21分、マルセイユGKマンダンダからのパスをMFアンギッサがトラップミス。これをMFガビがすかさずダイレクトで前線へ送ると、走り込んだグリーズマンがGKをかわして左足で流し込み、ワンチャンスでAマドリードが先制に成功した。

 さらに後半4分、相手スローインからのこぼれ球を拾ったショートカウンターから、MFコケのスルーパスを受けたグリーズマンがドリブル突破し、飛び出してきたGKの頭上をふわりと越える左足のループシュートを決めて2点目を奪い、同44分にはコケのラストパスから、ガビがペナルティーエリア右45度から右足シュートを突き刺してトドメを刺した。

関連ニュース

関連写真

鳥栖吉田「全員で耐えた」5バックでなんとか...

<明治安田生命J1:鳥栖0-0東京>◇20日◇第15節◇ベアスタ サガン鳥栖は2試合連続のスコアレスドローになった。FC東京のボールを支配しパスで崩す攻撃に対し、前半に3人が警告を受けるほど激しい競りあいで戦った。 だが前半10分から防御に歯止めが...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真