Sony

ニュース

FB情報流出先の英社「ロシアと情報共有」 元社員が証言

  • 2018年 05月17日 10時12分
  • 提供元:AFPBB News
米上院司法委員会で証言するクリストファー・ワイリー氏(2018年5月16日撮影)。©AFP=時事

写真拡大

米上院司法委員会で証言するクリストファー・ワイリー氏(2018年5月16日撮影)。©AFP=時事

【AFP=時事】米フェイスブック(Facebook)から大量のユーザー情報を入手していた英政治コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analytica、CA)について、この問題を告発した元CA社員が16日、同社がロシアの研究者を使っていたことや、ロシアの情報機関とつながりのある複数の企業とデータを共有していたことを明らかにした。2016年の米大統領選へのロシア干渉疑惑に関する米上院の公聴会で証言した。

 証言を行ったのは、クリストファー・ワイリー(Christopher Wylie)氏。CAについて「ロシアの研究者らを使ってデータを集め、(さらに)『風説キャンペーン』や『態度への影響』に関する情報を、ロシアの情報機関FSB(連邦保安局)とつながりのある企業や幹部と公然と共有していた」と述べた。

 また、フェイスブックからユーザーのプロファイルデータを取得するアプリを開発したロシア系米国人のアレクサンドル・コーガン(Aleksandr Kogan)氏が、同時期に「行動調査」を含むロシア出資のプロジェクトに取り組んでいたことも明かした。

「これが意味するのは、ロシアでフェイスブックのデータが利用されていることに加え、CAがロシア治安機関の情報上の標的とされ、(中略)ロシアの治安機関がCAのフェイスブックデータの存在について知らされていたと疑う合理的な根拠があることだ」との見解を示した。
【翻訳編集】AFPBB News

関連ニュース

関連写真

スウェーデン、「有事パンフレット」配布 対...

【AFP=時事】スウェーデン政府は21日、欧州内の同盟諸国とロシアとの緊張が高まる中、戦争や自然災害、サイバー攻撃などの有事に備えるよう国民に啓蒙(けいもう)するパンフレットを発表した。  「危機や戦争が起きたら」と題されたこのパンフレットは、政...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真