Sony

ニュース

ガザ衝突の死者「50人はハマスに所属」 幹部が明かす

  • 2018年 05月17日 10時39分
  • 提供元:AFPBB News
パレスチナ自治区ガザ地区南部のイスラエルの境界付近で起きた衝突で、パレスチナの旗を掲げて歩く男性(2018年5月14日撮影)。©AFP=時事

写真拡大

パレスチナ自治区ガザ地区南部のイスラエルの境界付近で起きた衝突で、パレスチナの旗を掲げて歩く男性(2018年5月14日撮影)。©AFP=時事

【AFP=時事】パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)を実効支配するイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)は16日、同地区のイスラエルとの境界付近で今週発生した衝突による死者62人のうち、50人がハマスに所属していたと明らかにした。

 ハマス幹部のサラ・バルダウィル(Salah Bardawil)氏が地元テレビの番組に出演し、「殉教者のうち50人がハマスで、12人が一般市民だった」と語った。死者がハマスの軍事部門と政治部門のどちらに所属していたかや死亡時に何をしていたかなど、詳細は明らかにしなかった。

 バルダウィル氏は「公式な数字」としたが、ハマスのバルフム・ファウジ(Fawzy Barhoum)報道官はAFPに50人全員がハマスのメンバーとは認めなかった。死者がハマスの構成員か支持者か、あるいは無関係な人物かにかかわらず、50人全員の葬儀費用をハマスが負担すると述べた。

 イスラエルは今回の対応について、ガザ地区からの大規模な侵入を防ぐために必要な措置だった主張。イスラエル軍の報道官はツイッター(Twitter)に「彼(バルダウィル氏)の言葉を額面通りに受け取れば、平和的な抗議ではなかったということだ」と投稿している。
【翻訳編集】AFPBB News

関連ニュース

関連写真

米テキサスの高校銃撃事件、野球で少しの癒や...

【AFP=時事】米テキサス州のサンタフェ高校(Santa Fe High School)で生徒が発砲し10人が死亡する銃撃事件が発生してから36時間後の19日夕、同校野球チームの選手たちが試合に臨んだ。野球は古くからテキサスの人たちに親しまれてきた...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真