Sony

ニュース

  • 2018年 05月17日 13時12分
  • 提供元:共同通信
大阪市阿倍野区の障害者施設「グループホームティンク」で、入所者の女性が入浴中に大やけどを負い死亡した事故で、施設を運営する「日本ヘレンケラー財団」の西川佳夫理事長は17日、風呂の設定温度は当時85度で...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真