Sony

ニュース

国民民主、異なる会派名…党内「バラバラ」批判

  • 2018年 05月17日 17時28分
  • 提供元:読売新聞
 国民民主党が国会で使う会派の名称について、衆院は「国民」、参院では「民主」と異なる略称を採用した。
 国民幹部によると、衆院では新党色を出すことを重視し、参院は旧民主党への愛着が強いことが理由だったという。5月7日の結党大会にあわせて、衆参両院に届け出ていた。
 これに対し、国民の党内からは「党が衆参でバラバラに見える」と批判の声が上がった。大塚共同代表は17日の記者会見で、「統一した方がいいという声もあるので、今検討している」と述べた。次期国会から略称の統一を検討する考えだ。
 会派の略称は、衆参で同じものを使うケースが多い。自民党は衆参ともに「自民」とし、立憲民主党も「立憲」でそろえている。略称は、国会で使用される資料などに明記される。

関連ニュース

関連写真

国会中改ざん・廃棄、財務省が森友交渉記録提出

学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、財務省は23日、同省と学園の交渉経緯を記録した文書などを国会に提出した。  昨年2月以降の国会会期中に、決裁文書の改ざんと並行して交渉記録を廃棄していたことも明らかにした。衆参両院の予算委員会で28日...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真