Sony

ニュース

ライプチヒ監督退任、後任はラングニック氏の可能性

  • 2018年 05月17日 17時20分
  • 提供元:日刊スポーツ

 ライプチヒはラルフ・ハーゼンヒュットル監督の退任を発表した。

 17日の独紙ビルトによると、今季欧州リーグでベスト8進出、リーグ戦6位で来季欧州リーグ出場権獲得と目標は達成していたが、クラブ首脳陣はチームのプレー内容に納得がいっていなかったという。

 12日の話し合いでスポーツディレクターのラングニック氏らが新しい契約を申し出なかったため、信頼がなくなったことを知ったハーゼンヒュットル氏は辞任を表明したという。

 同紙では、後任候補としては元シュツットガルト監督のハネス・ボルフ氏、ザルツブルク監督でライプチヒ生まれのマルコ・ローゼ氏、あるいはラングニック氏自身が1年間監督を務める可能性もあると、報じている。

関連ニュース

関連写真

ブラインドサッカー日本代表 国際親善大会で...

ベルギー・シャルルロワに遠征中のブラインドサッカー日本代表は21日、4チーム参加の国際親善大会最終戦でイラン代表を1-0で破り、3戦全勝として優勝を決めた。 日本は前半17分、川村怜主将(Avanzareつくば)が中央突破から相手DF3人をかわし...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真