Sony

ニュース

  • 2018年 05月17日 20時28分
  • 提供元:共同通信
立憲民主党や国民民主党は17日、与党が月内の国会提出を目指す国民投票法改正案に関し、慎重姿勢を示した。与党が示した改正条文案の内容に関し、立憲民主党の山花郁夫憲法調査会長は記者団に、新たな課題となる郵...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

国会中改ざん・廃棄、財務省が森友交渉記録提出

学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、財務省は23日、同省と学園の交渉経緯を記録した文書などを国会に提出した。  昨年2月以降の国会会期中に、決裁文書の改ざんと並行して交渉記録を廃棄していたことも明らかにした。衆参両院の予算委員会で28日...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真