Sony

ニュース

JOC理事が「eスポーツはスポーツと認めるべきではない」との見解、中国ネットは賛否両論

  • 2018年 05月17日 21時30分
  • 提供元:Record China
16日、網易遊劇は、日本オリンピック委員会(JOC)理事が「eスポーツはスポーツと認めるべきではない」との見方を示したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

16日、網易遊劇は、日本オリンピック委員会(JOC)理事が「eスポーツはスポーツと認めるべきではない」との見方を示したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2018年5月16日、網易遊劇は、日本オリンピック委員会(JOC)理事が「eスポーツ(対戦型のコンピュータゲーム)はスポーツと認めるべきではない」との見方を示したと伝えた。



記事は、国際オリンピック委員会(IOC)が、2024年のパリ五輪で正式種目として採用することを検討しているほか、アジア大会理事会も2018年ジャカルタ大会で正式にeスポーツを正式種目として加えることを発表していると紹介。eスポーツは広くスポーツとして認められるようになったとした。



ところが、JOCはこれとは全く異なる見方を示し、「スポーツと見なすべきではない」としている。記事は、JOCの理事が「スポーツは体を鍛え、健康を促進するべきもので、ゲームは健康を損なう恐れがある。世界保健機関(WHO)もネットゲームへの依存を病気と定義しているため、スポーツとして正式に認めるべきではない」との見解を示したと伝えた。



その上で、「こうした見方について少なからぬネットユーザーが理解に苦しむと述べており、国の政策や文化が異なるため考え方も違ってくるのだろう」と分析。しかし最近では、日本のeスポーツ選手が努力をしており、将来的にこのような見方に変化が出ることに期待したいとしている。



これに対し、中国のネットユーザーから「俺も反対だ」「この見方には同意する」など同調するコメントが寄せられたが、比較的少数だった。



むしろ「伝統的なスポーツも、過度の訓練は健康に悪影響を及ぼす」「競技スポーツの選手でけがをしない人はいない」「オリンピックの金メダリストは体中がボロボロなのに、誰も健康を害するとは言わないのか?」などの反論が多く寄せられた。(翻訳・編集/山中)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真