Sony

ニュース

  • 2018年 05月31日 12時07分
  • 提供元:共同通信
ALSの原因タンパク質を除去する「抗体」の開発について記者会見する滋賀医科大の漆谷真教授=31日午前、大津市

写真拡大

ALSの原因タンパク質を除去する「抗体」の開発について記者会見する滋賀医科大の漆谷真教授=31日午前、大津市

全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因タンパク質を細胞内から除去する「抗体」を開発したと、滋賀医科大の漆谷真教授(神経内科)のチームが31日までに英科学誌電子版に発表した。京...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

震源周辺の活断層「ずれやすく」…東北大教授

大阪府北部で18日に発生した地震の影響で、震源周辺の活断層が以前に比べるとずれやすい状態になったとする解析結果を、遠田晋次・東北大教授(地震地質学)がまとめた。  18日の地震の震源近くには、政府の地震調査研究推進本部が最大でマグニチュード7級の...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真