Sony

ニュース

がん保障は「がん保険」以外で?無料、罹患で住宅ローン残高半減、保険料全額返戻も

  • 2018年 06月09日 19時45分
  • 提供元:Business Journal
「じぶん銀行 HP」より

写真拡大

「じぶん銀行 HP」より

 私は有料相談専門のファイナンシャルプランナーとして、累計2,000件超の相談を受けている。保険について相談する人がもっとも関心を持っている保障のひとつは、間違いなく「がん保障」である。相談者からは「お勧めのがん保険はなんですか?」と聞かれることも多いのだが、そもそもがん保障はがん保険以外の方法で確保することができ、無料のものもあると言ったら、あなたは驚くだろうか。


●住宅ローンの無料の疾病保障を利用する


 がん保険以外でがん保障を確保する方法として、まず挙げたいのは住宅ローンの疾病保障である。


 住宅ローンでは団体信用生命保険(団信)と呼ばれる死亡保障に加入することが借り入れの条件になっていることが多く、その費用は金利に含まれていて別途請求されないのが一般的だ。超低金利の状況下では金利での明確な差別化を図るのは困難であり、各金融機関は金利以外での差別化を模索している。そこで広がりを見せているのが死亡保障以外の保障、3大疾病や8大疾病など疾病保障の充実なのだ。


 がん保障という観点から注目したいのは、「じぶん銀行」である。がんと診断確定されると住宅ローン残高が2分の1になる「がん50%保障団信」は、金利の上乗せなど追加の負担なしで加入できる。もちろん住宅ローンを借りている期間だけの保障で一生保障ではないのだが、当初であれば何千万円もの保障が無料ということになる。


 このほかにも、「住信SBIネット銀行」は以前から8大疾病保障を無料付帯していたが、2017年6月からは精神障がい等を除くすべての病気・ケガを保障する「全疾病保障」の無料付帯を開始した。所定の就業不能状態により月々の返済額が保障され、就業不能状態が12カ月経過したら、住宅ローン残高が0円になるという内容だ。がんも当然、保障の対象となる。


 住宅ローンの場合、こうした無料の保障がついていても金利が高ければメリットが損なわれるが、特に変動金利は両行とも0.457%(2018年5月時点)と最低水準にある。さらに借り換えの場合、住信SBIネット銀行では0.428%まで下がる。


●貯蓄型の特定疾病保障保険に加入する


 がん保障は、がん保険以外の保険でも得ることができる。たとえば「特定疾病保障保険」は、がん、急性心筋梗塞、脳卒中を保障する保険で、がんは診断確定で保険金が受け取れる。死亡でも同額の保険金が受け取れる商品が一般的だ。終身保障タイプであれば解約返戻金があるものが多く、たとえばオリックス生命の「With」に次の条件で加入したとする。


・被保険者:30歳男性
・保険期間:終身
・保険料払込期間:60歳まで
・保険金額:1000万円


 保険料は月2万4,930円で60歳までに総額で約897.4万円を支払うことになるが、保険料を支払い終えた直後には解約返戻金が約920.9万円(払込保険料総額の102.6%)になっており(※)、解約して受け取ると無料で保障を得たばかりか、少し増えて戻ってくることになる。保険料を払わずに定期預金などほかの商品にしていれば得られた利息などの収益を長期間得られなくなっているので、本当の意味では無料ということではないのだが、低金利の現在ではまずまず魅力的な商品だ。


●お金が戻ってくるがん保険に加入する


 実はがん保険のなかに、払い込んだ保険料が戻ってくるタイプがある。東京海上日動あんしん生命の「がん診断保険R」がそれで、70歳になるとそれまで払い込んだ保険料が健康還付金として戻ってくるのだ。ただし、戻ってくるのは主契約の診断給付金に充当される保険料に限られ、特約部分の保険料は戻ってこない。


 そして最大の問題は、70歳までに診断給付金を受け取った場合、70歳時に受け取れる健康還付金から診断給付金の分が差し引かれてしまうことだ。がんと診断されてもされなくても、受け取れる総額が主契約の払込保険料総額を下回ることがないのは魅力だが、上回る可能性も低く、保障としての機能は高くないと考えるべきであろう。


 がんが心配であったとしても「がん保険」だけが選択肢ではない。ここに挙げた方法も含め、あなたに合った方法を広く検討してみてほしい。
(文=平野雅章/横浜FP事務所代表、CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)



【関連記事】


関連ニュース

関連写真

崖っぷちの楽天は「楽天ビック」でアマゾンに...

4月11日、ネット通販(EC)大手の楽天と家電量販店大手のビックカメラは、楽天が運営する仮想モール「楽天市場」内に家電通販サイト「楽天ビック」を開設した。  以前から楽天市場内にあった「ビックカメラ楽天市場店」を刷新したかたちとなっており、ビッ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真