Sony

ニュース

長友親友のコロンビアコーチ・カンビアッソ氏が視察

  • 2018年 06月12日 23時17分
  • 提供元:日刊スポーツ
長友佑郁、エステバン・カンビアッソ(右)(2012年4月11日=撮影・PNP)

写真拡大

長友佑郁、エステバン・カンビアッソ(右)(2012年4月11日=撮影・PNP)

<国際親善試合:日本-パラグアイ>◇12日◇オーストリア・インスブルック

 DF長友佑都(31=ガラタサライ)がインテル・ミラノ時代にチームメートだった、元アルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソ氏(37)が、日本が19日にワールドカップ・ロシア大会初戦を戦うコロンビアのコーチとして、パラグアイ戦に姿を見せた。

 カンビアッソ氏は、スペイン1部レアル・マドリードから2004年(平16)にインテル・ミラノに移籍し、14年までプレーし、同年に英プレミアリーグのレスターに移籍した。一方、長友は11年にチェゼーナからインテル・ミラノに移籍。カンビアッソ氏は、長友がイタリアで人気を博したピッチ上での“おじぎポーズ”を一緒にやったり、仲がいいことで知られる。そのカンビアッソ氏は27日、コロンビア代表コーチへの就任が発表されていた。

 長友はパラグアイ戦はベンチスタートで、前半はプレーしていないが、親友から一転、敵のコーチとなったカンビアッソ氏はスタンドで時折、笑みを見せながら日本代表の各選手の動きに目を光らせていた。

関連ニュース

関連写真

脱メッシかまた心中か 采配に注目/W杯見ど...

<ワールドカップ(W杯)ロシア大会:アルゼンチン-クロアチア>◇1次リーグD組・第2戦◇日本時間22日午前3時◇ニジニーノブゴロド 初戦でアイスランドにまさかの引き分けとなったアルゼンチンは、欧州の強豪クロアチアに負ければ1次リーグ突破が遠のく正念...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真