Sony

ニュース

井手口陽介が帰国「絶対にこの経験を生かしてやる」

  • 2018年 06月14日 11時12分
  • 提供元:日刊スポーツ
所属チーム事情により日本代表帯同から離れることになり取材に応じる井手口(撮影・江口和貴)

写真拡大

所属チーム事情により日本代表帯同から離れることになり取材に応じる井手口(撮影・江口和貴)

 ワールドカップ(W杯)のバックアップメンバーとして同行していたMF井手口陽介(21=リーズ)が13日、チームを離れ、オーストリア・インスブルック空港を出発した。

 所属のイングランド2部リーズから要請があったため。帰国後は大阪で休養を取り、クラブに合流する予定だ。

 チームは最後まで同行させる方針で、井手口自身も「最後まで残ってW杯の雰囲気を味わいたかった。このタイミングで離れるのは残念」。だが、所属クラブで新戦力として期待を受けており、帰国を決断した。

 W杯メンバー選考最後のアピールの場となった5月30日ガーナ戦で途中出場したが、本大会メンバーから落選。昨冬にG大阪から海外挑戦したが、リーズからの期限付き移籍先だったスペイン2部クルトゥラル・レオネサで出場5試合にとどまっていたことが選考に影響した。

 でも落選の悔しい思いを抱えながら、練習した時間は無駄ではない。井手口は「めげるんじゃなくて、人としてもサッカー選手としても、絶対にこの経験を生かしてやる、という気持ちでやっていきたい」。次のステップへ進むため「今はリーズに帰ることしか考えていない。自チームで半年間活躍していないので、試合に出て(W杯カタール大会で)選ばれれば」と、4年後に向けて再出発する。

関連ニュース

関連写真

土壇場V弾のクロース「勝つに値する試合だっ...

<ワールドカップ(W杯)ロシア大会:ドイツ2-1スウェーデン>◇1次リーグF組◇23日◇ソ 王者ドイツが劇的勝利でスウェーデンを2-1で下し、1次リーグ突破へ望みをつないだ。 第1戦にメキシコに敗れ敗退危機のドイツは、第2戦のスウェーデン戦も前半3...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真