Sony

ニュース

  • 2018年 06月14日 09時41分
  • 提供元:共同通信
無人探査車キュリオシティーが捉えた火星の嵐。7日(左)よりも、10日(右)は大気中のちりが増加している(NASA提供・共同)

写真拡大

無人探査車キュリオシティーが捉えた火星の嵐。7日(左)よりも、10日(右)は大気中のちりが増加している(NASA提供・共同)

【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は13日、火星で観測史上例がないほど大規模な嵐が起きて、地表で活動を続ける無人探査車オポチュニティーが10日から休眠状態に追い込まれたと発表した。嵐で舞ったち...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真