Sony

ニュース

  • 2018年 06月15日 01時28分
  • 提供元:共同通信
ボンネットの先端が割れた山陽新幹線ののぞみ176号=14日午後4時49分、JR新下関駅(共同通信社ヘリから)

写真拡大

ボンネットの先端が割れた山陽新幹線ののぞみ176号=14日午後4時49分、JR新下関駅(共同通信社ヘリから)

山陽新幹線博多発東京行きのぞみ176号(乗客約200人)が、14日午後2時前後に博多―小倉間で人をはねた。JR西日本は山口県下関市の新下関駅に停車させ、先頭車両の先端に割れを確認。車体には血痕のような...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

警察怠慢で捜査遅れ、18歳事故に「成人の刑」

18歳の時のバイク事故で危険運転致死罪などに問われた元少年(21)について、東京高裁が先月、1審の量刑を半減させ、懲役2年6月とする判決を言い渡していたことがわかった。警察と検察の怠慢で捜査が遅れ、未成年者として裁判を受けられずに不利益を被ったと...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真