Sony

ニュース

高温ミルク飲ませたか、死亡女児の口にやけど痕

  • 2018年 06月14日 16時58分
  • 提供元:読売新聞
送検される小林幸輝容疑者(14日午前、東京都足立区の竹の塚署で)=伊藤紘二撮影

写真拡大

送検される小林幸輝容疑者(14日午前、東京都足立区の竹の塚署で)=伊藤紘二撮影

 東京都足立区で虐待を受けた生後2か月の女児が死亡した事件で、司法解剖の結果、女児の口内にやけどの痕があったことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、殺人容疑で再逮捕した父親の無職小林幸輝被告(20)(傷害罪で起訴)が高温のミルクを飲ませたとみて、調べている。
 小林被告の長女、心愛のあちゃんは2月25日午後、足立区伊興の自宅アパートから救急搬送され、病院で死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は特定されなかったが、全身に約30か所のあざがあったほか、背中や口の中にやけどの痕があった。
 小林被告は3月8日、心愛ちゃんの額にけがをさせた傷害容疑で警視庁に逮捕された直後、「泣きやまないことに腹が立ち、熱いミルクを飲ませた」と供述したが、その後、黙秘に転じている。小林被告は今月12日、心愛ちゃんの鼻や口を手でふさいで殺害したとして殺人容疑で再逮捕された。

関連ニュース

関連写真

小4男児、下校中に切られ重傷…18歳少年逮捕

19日午後3時50分頃、静岡県藤枝市高洲で、「道路上に10歳ぐらいの男の子が倒れている」と119番があった。倒れていたのは市立高洲南小学校4年の男子児童(9)。頭頂部に刃物で切られたような約20センチの傷があり、頭部骨折の重傷で、病院に搬送された...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真