Sony

ニュース

13カ国から集まった鉄道関連の管理者、「高速鉄道教習所」を見学―湖北省

  • 2018年 06月14日 19時30分
  • 提供元:Record China
タイ、スリランカ、ラオスなど13カ国から集まった鉄道関連の管理者たち63人が12日、湖北省の武漢高速鉄道トレーニング区間で視察交流イベントに参加した。

写真拡大

タイ、スリランカ、ラオスなど13カ国から集まった鉄道関連の管理者たち63人が12日、湖北省の武漢高速鉄道トレーニング区間で視察交流イベントに参加した。

タイ、スリランカ、ラオスなど13カ国から集まった鉄道関連の管理者たち63人が12日、湖北省の武漢高速鉄道トレーニング区間で視察交流イベントに参加した。イベントでは、トレーニング区間の見学やシミュレーターを使った高速鉄道の実際の操縦などを通じて、様々な国から集まった参加者たちに中国鉄道の発展成果や経験、最先端の技術を紹介している。新華網が伝えた。



「一帯一路」(the Belt and Road)を背景として、武漢高速鉄道トレーニング区間は2015年からタイやラオスといった対外向けの鉄道技能トレーニングクラスをすでに14回にわたり実施しており、トレーニングに参加した外国人の受講者数は延べ400人近くとなっている。今回の視察交流イベントは鉄道分野における中国と外国の協力・交流を促進し、職業技能交流を実施していく上で、優れた役割を発揮している。(提供/人民網日本語版・編集YK)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

日本との差は歴然!韓国政府が“老舗”育成計...

2018年6月19日、韓国・朝鮮日報によると、韓国政府が「100年続く老舗」を育成するための支援を開始する。 記事によると、韓国の中小ベンチャー企業部は18日、30年以上にわたり営業を続けてきた優秀な卸・小売業者と飲食店を対象に、広報や金融分野な...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真