Sony

ニュース

時効成立27時間前、強姦容疑で会社社長を逮捕

  • 2018年 06月14日 20時23分
  • 提供元:読売新聞
 2008年に女性に乱暴したとして、埼玉県警川口署は14日、同県川口市戸塚、建設会社社長野沢徹容疑者(37)を強姦ごうかん(現・強制性交)容疑で逮捕したと発表した。逮捕は13日夜と強姦罪の時効(10年)成立の約27時間前だった。さいたま地検は14日、野沢容疑者を同罪でさいたま地裁に起訴した。
 同署の発表によると、野沢容疑者は08年6月14日午後11時頃〜15日午前2時頃、川口市内で、当時10歳代後半の女性を「大声を出したら、ナイフで刺すぞ」などと脅して公園などに連れて行き、乱暴した疑いで逮捕された。2人に面識はなく、調べに対し、野沢容疑者は「記憶にない」と容疑を否認している。
 捜査関係者によると、今年4月頃、現場に残された遺留物から採取したDNA型が野沢容疑者のものと一致したため、5月に指名手配していた。

関連ニュース

関連写真

警察怠慢で捜査遅れ、18歳事故に「成人の刑」

18歳の時のバイク事故で危険運転致死罪などに問われた元少年(21)について、東京高裁が先月、1審の量刑を半減させ、懲役2年6月とする判決を言い渡していたことがわかった。警察と検察の怠慢で捜査が遅れ、未成年者として裁判を受けられずに不利益を被ったと...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真