Sony

ニュース

社会・事件

電通社長、違法残業認め陳謝…罰金50万円求刑

大手広告会社・電通(東京)の違法残業事件で、労働基準法違反に問われた法人としての電通の初公判が22日午前、東京簡裁(菊地努裁判官)で開かれた。  電通の代表者として出廷した山本敏博社長(59)は、「間違いありません」と起訴事実を認め、陳謝した。検察側は、電通に罰金50万円を求刑し、公判は即日結審した。判決は来月6日。  起訴状では、2015年12月に過労自殺した新入社員の高橋まつりさん(当時24歳)の上司を含む東京本社の当時の部長3人が、同年10〜12月、労使協定で定めた上限(月50時間)を超え、高橋さんら社員...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画