Sony

ニュース

芸能

最古級の日本刀だった…春日大社・天井裏の1本

約80年前に春日大社(奈良市)の宝庫の天井裏から見つかった太刀を研磨したところ、平安時代後期(12世紀)に作られた最古級の日本刀と判明したと、同大社が22日、発表した。  専門家は「制作当初の刃が残っており、刀剣史上、貴重だ」としている。  日本の刀剣は古代、反りのない直刀だったが、平安時代後期、反りなどの特徴を備えた日本刀が成立したとされる。  今回の太刀(刃渡り82・4センチ)は1939年に天井裏から見つかった刀12本のうち1本。さびに覆われ、詳細は不明だった。鑑定の結果、無銘だったが、刃に表れた模様などか...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画